「尻取の尻」

「りんご」「ゴリラ」「ラッパ」…
シリトリには定番の流れってもんがある訳で。こんなマンネリ化したシリトリ業界にうんざりしていないか?このままじゃシリトリ業界は終わりだ!!と嘆いていないか?悲観していても何も始まらない。この現状を打破しようじゃないか。2020年という区切り年。シリトリの概念を変えるなら今だ。今しかないんじゃないか?

そう、シリトリは通常であれば「ん」で終わる所だが、あえて終わらせない。不死鳥の如く蘇る事で、シリトリは新しく復活するのだ。そんな訳で本日は「ん」から始まる言葉を堀下げてみたい。

【ンジャメナ】
ご存知【ンジャメナ】。最も有名であろう「ん」から始まる言葉。アフリカに実在する地名でチャドの首都。人口は900,000人以上、チャドで最も人口の多い都市。チャドの首都って事で覚えておいて損はないね。


【ンゴロンゴロ保全地域】
こちらもメジャーですね。タンザニアの北部にある自然保護地で「世界遺産」。世界遺産マニアや、動物マニアの間では知っていて当然の場所ですね。標高2,400mの外輪に囲まれた巨大なすり鉢状のクレーター「ンゴロンゴロ」。湖やオアシスがあり、水と食べ物が豊富なんで動物や鳥類が生息。もう檻の無いデカイ動物園と思っていいよね。ロマンだね。


【ンドレ】
続きましてカメルーン料理のンドレ。キク科の「ンドレ」という名の植物の葉。これを細かく刻んで牛肉とか鶏肉、エビや干し魚と一緒にピーナッツペーストで煮込んだ料理も「ンドレ」。ん?食材も「ンドレ」。料理名も「ンドレ」?どういう事?ほろ苦い味がやみつきなるらしい。大人の味って事だね。


【ンジンガ・ンベンバ】
コンゴ王国の出身で、1506年に王となった人物。洗礼名はアフォンソ1世。やはり本名の方がパンチがある。「ンジンガ・ンベンバ」声に出すとわかるが非常にリズムが良い。


【ンビラ】
アフリカの楽器の名前。またアフリカ…。アフリカ強い。木の板に薄い鉄とか並べて取付けビョンビョン鳴らすもの。雑貨屋さんで時折見かける「カリンバ」と同様のもの。


【ンギグミ】
ごめん。またアフリカの都市。ニジェールの都市のンギグミ。もうね、どっちも聞いた事ないからわかんない。「ンギグミ…」何気に言いにくい。なんとなく「ングギミ」って言いがち。


アフリカばっかりだなぁ…すげぇなアフリカ。アフリカの地名でならもっともっとあるけど、もういいよね。


【ンマハラシー】
さて、やっとアフリカから脱出。これは沖縄の古い競馬。琉球競馬のこと。ンマ」は馬、「ハラシー」は走らせるという意味。戦後途絶えていたけど2015年に復活。この「ンマハラシー」競馬と言えど早くゴールした方が勝ちって訳ではない。どういうルールかと言うと、1対1で100mを赤と白に分かれた2頭が「早足」で走る。そこで審判が華麗な走りをした方の色の旗を上げて勝敗を決める。「走る」前の「早足」の早さと美しさを競うなんとも通好みな競技。そして馬はサラブレッドのように大きなく小さい。それがまたカワイイ。


他にも沖縄には「ンム(さつまいも)」とか「ンブシー(味噌煮)」とかいっぱいあるみたい。沖縄もスゴイね。


最後に紹介するのは
【ん・ん・ん・ん・ん】
五味太郎先生の絵本。この先生他にも「ててててて」「どどどどど」「かかかかか」など斬新な絵本も執筆。


そんな訳で「ん」のつく言葉。
これで、諦めない心。何度でも立ち上がる勇気。「何言ってんのこの人」と思われてもくじけない強靭な精神力。アフリカも沖縄もなんだかスゴイ。と思っていただければ幸いである。

さぁ、シリトリに革命をおこそう。


yoroi0319

@yoroi0319

何歳になってもオカルト好きおじさん。 現在も購読中の少年ジャンプに費やした金額が怖くて計算する事ができない。本が好き。料理が好き。映画が好き。アニメが好き。妖怪が好き。UMAが好き。UFOが好き。怪談が好き。フォークロアが好き。虫が嫌い。ファミコン「火の鳥」のクリアが早い。